スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルバムの表紙

KC3A2636.jpg

先月の箱根旅行、カメラ2台で撮りまくっていたので
アルバムが3冊になってしまいました。

あちこちでもらったパンフや半券、
楽しかった思い出に。。。と取っておくのも
なんだかなぁ、と思ったので
アルバムの表紙にコラージュしました。

KC3A2637.jpg

パッと見旅行雑誌みたいになりましたねぇ。
でもよくみると箱根箱根箱根箱根。。。
「ドラマチックなめぐり遇い」のコピーが効いています。

KC3A2638.jpg

こちらはミニ版。
仏像にかけた「癒し効果倍増!」の文字が
癒し効果を倍増してます(?)

KC3A2639.jpg

もうひとつミニ版。
「箱根の王道」
こういうコピーひとつで締まりますね!
ロマンスカーもかっこいいです。

秋の夜長に楽しい作業でした。
スポンサーサイト

旅のおわりに~

芦ノ湖夕方

あたりが暮れてきました。
早いなあ。。。もう秋なんですね。

湖って海と違って波がないので
なんだか神秘的です。
ひたひたとそこに横たわっている感じ。

そういえば旅の前半は頭の中で「箱根八里」が
テーマソングになっていたのですが、
後半はいつの間にか「静かな湖畔の森の影から♪」に
なっていました。

喫茶店

疲れたので喫茶店に入りました。
近くにガイドブックにも載ってる
オシャレなカフェがあったのですが、
それよりこちらのほうがしっくりきました。
オシャレは疲れます。。。

そして、登山バスで山を下って
湯本へ行きました。
(ものすごいカーブの連続で、
酔いそうでしたがミンティアでしのぎました)

駅弁

なんとか帰りのロマンスカーにすべりこみました。
思えばこの旅行、いろんな乗り物に乗りましたが
いつも滑り込み。。。

最後のお楽しみ!駅弁!!
なんとおでんが入っているのです。
●小田原おでん 福蔵
↑まめな方が詳しくレポートしてくださってます。
福蔵は「ふっくら」とよむそうです!

そして無事、帰宅。
お疲れさまでした!

平和の鳥居~

箱根神社といえば!芦ノ湖からも見えるあの
大きな鳥居で有名です。

平和鳥居

水中に立っています。
大きいです!
真下まで行けるようになっていますが、
一人立ってなんとかという幅しかないので
写真を撮るのも順番待ちです。

平和鳥居足もと

やっと私の番です。
せっかく立てたので、足下もぱちり。
穴があいていました。

白猫明神

振り返ると、白い石碑が水面に埋まっており。。。
「白猫明神」と書かれています。
なにか。。。ミステリアスな。。。

とても気になったのですが、
誰も由来は知らないようです。
Yahoo知恵袋でもってしてもダメでした。

船庫

船庫です。
窓からのぞいたら、朱塗りの船がありました。

レール

このレールで湖まで運ばれるのですね。
湖水祭のときに使うのでしょう。

このほかに、宝物殿にもいきました。
小さいながらも面白い展示物があり、
この日は平安時代のご神体が展示されていました。
穴場です!

箱根神社~2

箱根本殿

息を切らしてのぼりきりました。
本殿に到着です。
階段の途中にも曽我兄弟仇討ちとかなんとか
面白そうな看板が出ていたのですが、
読んでいる余裕ありませんでした。。。

結婚式

結婚式をしているところに遭遇しました!
あまりのまぶしさに、カメラもハレーションをおこしました。
物理的なまぶしさか。。。心理的なまぶしさなのか。。。

安産杉

安産杉だそうです。
横からみてみると。。。

安産杉中

大きな空洞ができていました。
なるほど!ここを母胎としているのですね。
中にはお賽銭がたくさん入っていました。

龍神手水

箱根神社というのはこのあたりの神社の総括みたいなもので、
午前中にいった九頭龍神社も、白龍神社も箱根神社の系図に入ります。
●箱根神社

九頭龍神社がやはり場所がいきにくいので、
こちらに出張所のようなサテライト的な九頭龍神社が
ありました。
そこの手水がパワー水だと書いてありました。
ペットボトルで汲んでいく人も多いそうです。

箱根神社~

箱根神社石碑

箱根山は昔、山そのものが信仰の対象だったようで
修験の僧が数多く訪れていたそうです。
今は神社としてまとまっていますが、
以前は仏教の地でもあったということらしいです。
(wiki調べ)

箱根鳥居

昼なお暗き~杉の並木~♪
もこの近くだそうですよ。

手水

かわいい子が手水のつかいかたを教えてくれます。
ちなみに手水ってなんて読むんだろうとおもったら
「てみず」ってルビがふってありました。

ご神木

ご神木です。
下の方を写メると、上が写らず。。。
上の方を写メると、下が写らず。。。
大きさに感動するには
足を運んで自分の目で見るしかないようです。

参道を10分ほど歩くと、本殿へ続く石段が現れます。
うわー。。。のぼるんかい~。。。
プロフィール

わかばアートセンター

Author:わかばアートセンター
たまに走ったり、
節電手芸したり、
イラストを描いたりしています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
JWord
JWordクリック募金
イーココロ
クリック募金
横浜トリエンナーレ2011
現代アートの国際展 | OUR MAGIC HOUR | 世界はどこまで知ることができるか?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
contact

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。