スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うさぎ三昧

ゴールデンウィークらしいことをしようと、
母とデパートに美術館巡りをしにいきました。

まずは渋谷で腹ごしらえ。
ウサギのマークの和食屋さんへ。
「小兔セット」なる御膳を注文。
これが「レディースセット」だとつまらないのだけど
小ウサギっていわれたら頼みたくなってしまう乙女心。
「そうなの~、私の胃って小兔ちゃんだから~」って
本当は化け兔なんだけど。。。

そして念願の「ゴーゴーミッフィー展」へ!

KC3A1951.jpg

さすがGW、大人も子供もいっぱいいました。
原画やブルーナ氏出演の映像など
みごたえたっぷり。
55歳になったミッフィーのお誕生日を祝う展示で
日本の作家たちがバースデーカードを贈っていました。
そのなかの五味太郎氏のカードと、和田誠氏のカードがとってもよかった!
そしてお目当ての。。。

グッズ販売!
一筆箋とメモ帳を購入。
母は「使う用」と「保存用」に2冊購入。
マニアだ。。。

そして次は母の希望で「三岸節子展」へ。
こちらは没後10年の記念展。
知らなかったのですが、母校の大先輩でした。
こちらは大人しかいませんでした、シブい。
94歳まで現役で、もりっもりの油絵を描いておられたとか。
絶筆といわれている作品をみても、
油の滴るステーキ食べてそうな
迫力満点の作品です。
すごいなあ~。

KC3A1952.jpg

母はここでも絵はがきを購入。
華やかなデパートの空気に、購買意欲が刺激されたもよう。

出口付近に、達筆な筆文字で
「7階呉服売り場、甘味処」という張り紙があり
ちょっと疲れた私たちは
エスカレータで7階に向かいました。

呉服売り場をうろうろしても
甘味処は見当たらず、
小柄なおばちゃん店員に「甘味処はどこですか?」と
たずねたところ

にたぁ~~っと微笑んで
「さ、さ、こちらへ」と呉服のあいだを縫うように案内されました。
突如現れた紫ののれん、
「どうぞ、いってらっしゃいまし」と
送り込まれたお店は、
和服の女性が談笑する
隠れがのような甘味処だったのです。

ま、話は長くなりましたが
母も私もおいしいあんみつにありつけたという話です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わかばアートセンター

Author:わかばアートセンター
たまに走ったり、
節電手芸したり、
イラストを描いたりしています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
JWord
JWordクリック募金
イーココロ
クリック募金
横浜トリエンナーレ2011
現代アートの国際展 | OUR MAGIC HOUR | 世界はどこまで知ることができるか?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
contact

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。