スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桃太郎のたびじ6

KC3A2163.jpg

地中美術館。

不思議な名前の由来は、そのまんま。
地中に埋め込まれた美術館なのです。
外観がないのです。


美術館の内部は写真撮影禁止なので、
お見せできません。。。
チケットセンターの、この文字は
祖父江慎さんデザイン。
ミッフィーの改訂版の装丁を手がけたことでも
話題の大先生です。

謎めいたこの設計は、
安藤忠雄大先生。
上から見ると、明かり取りの穴が
いくつかあいているだけ。
入口は壁面が一枚。

作品の点数はごく少なく、
4名の作家の作品のみ。
いわゆる絵画や彫刻を見せる美術館ではなく、
空間そのものが作品です、という。

まずおどろくのは余計な要素がまったくない。
壁、床、空。
曲がり角、突き当たり、部屋。

美を求めることに、完璧。
邪心がない。
不思議なことに、完璧な芸術って
人の手を感じさせないように思う。
生まれたままの自然みたいに見える。
ちょっと宗教めいて言えば、神の存在を感じたような
感覚を覚えてしまう。

「空間が作品となっているので、サイン表示を最低限にしております」
壁には矢印や文字はいっさいなく、
真っ白な服を着た係の人が立っている。

照明をはじめ、配線やコンセントなどもみあたらなくて
自然光がうまくとりこまれている。
光の届くぎりぎりのところで廊下が曲がる。
うっすらとした明かりの中でも
困ることはない。

便利で不便な日常はそこにはない。
あるのは自然と、自然に限りなく近い人工物。

空間演出的な作品がほとんど。
屋内にもかかわらず、自然光で見せているので、
天気によって見え方が全く違うらしい。

不思議に静かな空間に、SF小説を思い出した。
読書の醍醐味は、非現実を疑似体験できること。
ここは本当に非現実を体験できる。

おかしな話だけど、
モネの展示室で涙が止まらなくなってしまった。
それをみて何かを思い出したとか、
いいなあと思ったとか、
そういったレベルの感動ではなかった。
説明のない自然現象みたいに、勝手にはらはらと流れ出した。

ここにずっといたら、
狂うかもしれないなあ。

楽園の魔力。

サングラスをかけて、美術館をあとにした。

外に出ると、
島の自然があふれていた。

コメントの投稿

非公開コメント

心惹かれる、、、

私が心惹かれたのは、地中美術館v-238
その建物のコンセプトといい、展示の仕方といい、本当にアートだ…とびっくり、感心しました。
ベネッセの目指すもの、安藤忠雄が目指すもの、モネの絵が目指すもの、なにやら
超現実の世界のようですね。
また直島の自然、浜辺の海藻に象徴されるような、自然もいいですね。
ああ。。私も南のほうに旅に出たくなりましたv-448

島はいいですよ!

あやめさんこんにちは。
地中美術館は本当におすすめ!
いっきに直島ファンになっちゃいますよ。
南のほう、どうぞいってみてくださいなe-255
プロフィール

わかばアートセンター

Author:わかばアートセンター
たまに走ったり、
節電手芸したり、
イラストを描いたりしています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
JWord
JWordクリック募金
イーココロ
クリック募金
横浜トリエンナーレ2011
現代アートの国際展 | OUR MAGIC HOUR | 世界はどこまで知ることができるか?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
contact

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。