スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀬戸内国際芸術祭●豊島1

teshima01.jpg

まずは豊島に到着。
てしま、と読みます。
縄文の遺跡があちこちにあるとか!
棚田が美しいです。

teshima02.jpg

この景色ですよ~~~。
芸術祭そっちのけで
のんびり眺めたい衝動に駆られます。

teshima02-2.jpg

それでもこんな坂道を登っていくと
何かがあるようなので頑張ります。

teshima03.jpg

Teshima sense 〈豊島の気配〉●戸高千世子

池に何かがうごめいています。
鳥かな?
花かな?
よくみたらオブジェだな?
風で揺れています。

自然以上に美しいものなんてないんじゃないかって
思ったけど、自然になじめる創作物もあるんだなあ。

teshima07.jpg

次なる作品目指して歩いていると、
崖の上に牛がいました。

teshima05.jpg

あちこちの家に牛が!
んむーんむーと唸っていました。

次は写真がないけど「ストームハウス」
●ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー

古い民家の中で、嵐を体験できます。
昔小学校の避難訓練で「なまず号」っていう
地震体験ができる車がきていたのを思い出します。
窓に叩き付ける雨、畳の上に置かれたバケツに滴る雨漏り。
なんだか。。。特に珍しく感じない。。。
思いのほか近代化されていない四畳半わかばでした。。。

どんどんいきます。

コメントの投稿

非公開コメント

あら、まあ

こんな山間の畑や田んぼの中にアートがあるんですかv-15
いかに自然と調和するかが大事ですね。
日本昔話みたいな景色ですね~。
牛の表情もいいですな。。。v-529

のどか

のどかな風景ですね。日本の原風景と言えるでしょう。
またぴったりな牛さん、んむーんむーという表現は、そこにいなければ気がつかない牛さんの声ですね。豊島の雰囲気がよく伝わります。

んむーんむー

元来芸術には疎い私ですが、「自然から遊離して行こうとする人間を再び自然に呼び戻してくれるのが芸術かな~?」なんちゃって。「んむーんむー」。

ぼうや~よい子だねんねしな~

まめさんこんにちはv-281
まさに日本昔話ですよね!
桃太郎伝説の里ですから~。
これから出てくる女木島は、フェリーの表示も
「鬼が島(女木島)」なんて
書いてあるんですよ。

ほんとにのどか

あやめさんこんにちはe-251
ほんとにのどかでした。。。
あの景色じゃ悪いことできませんね。
牛も幸せそうでした。

ウシ語、流行中?

通行人さんこんにちはv-529
今回の芸術祭の意図はそこですね。
作品を探して歩くっていう目的がないと絶対に
歩こうと思わないような、
足場の悪いところに行ったりしてるうちに、
移動中の自然の方がメインになってくるんですよ!
プロフィール

わかばアートセンター

Author:わかばアートセンター
たまに走ったり、
節電手芸したり、
イラストを描いたりしています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
JWord
JWordクリック募金
イーココロ
クリック募金
横浜トリエンナーレ2011
現代アートの国際展 | OUR MAGIC HOUR | 世界はどこまで知ることができるか?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
contact

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。