スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀬戸内国際芸術祭●小豆島1

sho02.jpg

小豆島にやってきました。
今回の島巡りで、一番大きな島、
バスに乗っての移動です。

sho01.jpg

岸本真之「つぎつぎきんつぎ」

島にある不要な食器を集めてもらって、
「きんつぎ」という伝統的な食器の修繕方法で
つぎつぎとついでいる作品。

今回の芸術祭は「島の不要品」を利用するのが
多いですね。
島と作家の即興を楽しんでいるみたいな感じがします。

sho03.jpg

農村歌舞伎の舞台が、島に2つありました。
そのひとつ、
天皇皇后両陛下がご観劇されたとのこと。

とれたてのどでかぼちゃが
ごろごろと飾ってありました。
豊かな感じがします。

sho04.jpg

これがその農村歌舞伎の舞台。
ちょうちんがいいなあ、江戸の活気を感じます。

sho05.jpg

安岐理加「島─人が島を夢想するとき 「森」「径」「泉」」

小豆島出身のアーチストなんですって!
島で生まれ育った方と、
初めて島に行った方と、
島の魅力はどちらがどう見えるのかしら。

島の貝殻を、泉のほとりの木に下げた作品。
シンプルなだけにいいなあ、
なんか「わかってる」感じがする。。。

日没までにどんどん巡ります。

コメントの投稿

非公開コメント

きんつぎ

お皿のオブジェ見事です!
皿リーマンも参加してたら面白いのにv-8

皿リーマンつぎ

まめさんこんにちはv-20
お皿とお皿の間に皿リーマンが。。。!?
「たすけてー」って足ばたばたしている絵が想像できますねe-451
プロフィール

わかばアートセンター

Author:わかばアートセンター
たまに走ったり、
節電手芸したり、
イラストを描いたりしています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
JWord
JWordクリック募金
イーココロ
クリック募金
横浜トリエンナーレ2011
現代アートの国際展 | OUR MAGIC HOUR | 世界はどこまで知ることができるか?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
contact

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。