スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀬戸内国際芸術祭●小豆島3

sho12.jpg

強い風が吹いています。
私の帽子も遠くに飛ばされて、
刈り取られた田んぼの中までおいかけました。

芸術祭の旗がなびく、
その向うに見えるのは。。。

マンモスだ!

sho13.jpg

武蔵野美術大学わらアートチーム「わらアート」

巨大です!
お腹の下にもぐれます。
9月の末に刈り取られたばかりのわらを使って
作られた「わらアート」

マンモスの他に、くじら、物見小屋
がありました。

もともとは新潟の田んぼで、
行われていた「わらアート」、
農業の高齢化に危機感を持つ小豆島の人々が
今回の展示に協力したとのこと。

確かにこうしてわらに手を触れたりすることも
めったにない機会なわけで、
農業を肌で感じるってこういうことか、と
思ったのです。

sho14.jpg

マンモスのお腹のした。
わらの香りがしました。

みんなに愛されたマンモス。

このときはそのユーモラスな姿で、
立っていました。

このあと家に帰って、
ネットのニュースで知った事、
この日の強風でマンモスが倒れてしまったのだとか!

横たわる姿を、
写真でみることができました。
●マンモスとオンバのこと

最終日まであと5日、
マンモスは横になったままの
鑑賞となったようです。
ちょっとショックでした。

コメントの投稿

非公開コメント

マンモス

わらがマンモスの毛並みの感じ、良く似合う。小豆島にも昔、マンモス居たかもね。
このマンちゃん、展示会の終り、ゆっくり横になれて疲れがとれたで喜んだかもよ。

毛並み

珍美味さんこんにちはv-524
マンモスの毛並み、わらの感じあってますね!
横になって鼻歌でもうたってたかもですね。
プロフィール

わかばアートセンター

Author:わかばアートセンター
たまに走ったり、
節電手芸したり、
イラストを描いたりしています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
JWord
JWordクリック募金
イーココロ
クリック募金
横浜トリエンナーレ2011
現代アートの国際展 | OUR MAGIC HOUR | 世界はどこまで知ることができるか?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
contact

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。