スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お宝発見

ちょっと昭和レトロなチラシを頼まれて、
何かイラストでも入れようかなと
思っていたら、
ふと、
お宝の存在を思い出しました。

CA3H0047.jpg

昔の祖母の家から持ってきちゃった
「図画辞典」
よくみると叔父の名前が書いてあります。
どれくらい古いんでしょうね?
60年くらい前??

気になる中身は

CA3H0048_20110815235406.jpg

生活用品、動物、人物、植物。。。
などなど、ジャンル毎に
図案が載っているんです。

子供たちはこれを見ながら
お絵描きしたんでしょうね。

CA3H0049_20110815235514.jpg

最後のページには
世界の国旗が描かれています。
鮮やかなカラー印刷が
懐かしい感じがしますね~。

コメントの投稿

非公開コメント

60年前!

お宝ですね。
日用品や国旗を詳細に観察した結果、60年前後は間違いなく経っています。
当時の日本は未だ占領下にあって、ようやく国歌・君が代の演奏がマッカサー司令官によって許可された頃です。
久しぶりで懐かしいものを見せて頂きました。

レトロ・・・

実を言うと、私の子供のころの、生活用品なんです!
井戸の蛇口、お釜、包丁、ほうき、などなど、懐かしいなんてもんじゃありません。
その時代の生活の痛みのようなものを感じます。
でもでも、やっぱり懐かしい!

歴史ありですね

通行人さんこんにちはe-510
すごい時代のものなんですねえ、まさに昭和の時代の
貴重な資料ですね!

痛み。。。

あやめさんこんにちはe-238
生活の痛み。。。とは、詩的な表現ですね。
懐かしさが皮膚感覚として蘇ってくるって
感じでしょうか?
プロフィール

わかばアートセンター

Author:わかばアートセンター
たまに走ったり、
節電手芸したり、
イラストを描いたりしています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
JWord
JWordクリック募金
イーココロ
クリック募金
横浜トリエンナーレ2011
現代アートの国際展 | OUR MAGIC HOUR | 世界はどこまで知ることができるか?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
contact

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。